ラーメンを飾るトッピング


ラーメンのトッピングの王道はネギではないでしょうか。

昔は薬味として利用されていたのですが、現代はシャキシャキとした食感を楽しむのに利用されています。

薄くスライスしたネギは、どのスープのラーメンとも相性がよく、スープの味を変えずとも存在感が大きいです。

歯応えを追求するならば、モヤシも欠かせません。

モヤシはできるだけ細いほうが水分は少なく、スープが絡んで美味しく食することが出来ます。

地域によっては、キクラゲを乗せるところもあり、コリコリとした歯触りを楽しむことが出来るのが特徴です。

好みによっては、ゴマを入れる人も多く、特に擂りゴマは人気で丼にたくさん入れることもありますが、スープの味を変えない程度が理想です。

とんこつラーメンに紅生姜をトッピングするのは賛否両論で、通は入れるといっています。

ただ、これは間違った認識をされています。

なぜなら、紅生姜の酸味はとんこつスープの味を変えてしまい、薄味のラーメンでは麺の味まで失われてしまうのです。

少し価格の高いラーメンになると、ゆでたまごがトッピングされることもあります。

特に人気があるのは煮たまごで、半熟であれば絶妙な味を引き出してくれるのです。

そして忘れてはならないのがチャーシューで、これはスープと並んで店の力量が分かるくらいに重要な存在になっています。

こだわりのチャーシューは、口の中に入れるとトロケテなくなってしまうくらいに、しっかりと煮込んだものが絶妙です。

まだまだ、ラーメンを引き立てるトッピングメニューは増え続けるのかもしれません。

return top