海外のラーメン事情 アメリカ編


海外のラーメン事情を調べてみますと、アメリカでは「一風堂」が大人気だそうです。

アメリカには、「一風堂」ニューヨーク支店があります。

料金は、日本の2倍ほどになっているのです。

それにもかかわらず、お客さんもいっぱいの繁盛ぶりだそうです。

ではなぜ、日本のラーメンが日本より2倍と言う高い値段でも売れているかと言うと、単純に美味しいからです。

1時間も待って、それも日本の2倍と言う高い値段でも、並んでいると言うことはそれだけおいしいからだと言うことです。

外国人が経営する(韓国の人)ラーメン店もあるにはあります。

しかしながら、日本のラーメンと比べて値段は同じなのに味は雲泥の差だそうです。

「一風堂」に行列ができるのもうなずけるほどです。

子どもが食べてもわかるほど美味しいと評価されているからです。

日本料理は、この味だと日本だと当たり前だと思っていても、海外に持っていくと「繊細で、コクがあって、申し分がなくおいしい」と言われているそうです。

日本人のまじめさや、勤勉さが、世界でも評価されてきたと言うことなんでしょうね。

日本人として、すごく誇らしいことです。

それと、ラーメン店だけじゃなく、日本の接客の仕方に世界の注目の目が集まっていると言うことを耳にします。

東京オリンピック招致の時のおもてなしの心のこと、震災でみんなが困っていた時の思いやりの態度、そんなことから世界の人々が判断したのでしょう。

いつまでも、誇れる日本人でありたいものですね。

return top